続・付箋の代わりに

付箋の代わりにラベルシールを使っていると
以前も書いたのですが・・・(付箋の代わりに

先日、主催させていただいたイベントで文具コンサルタントの土橋正さんと
文具ライターの小日向京さんとご一緒にトークショーを開催した中で

土橋さんが
「ラベルシールにゆるゆるの枠線を手書き(ココ重要)し
手帳に活用している」とお話しされていて・・・・

あぁ・・・これが原点だ・・・とぼんやり思いました。
そして現状



ニチバン㈱さんのきれいにはがせるタイプのラベルシールを
愛用しているのですが、先日立ち寄った100均で手ごろな
サイズのものを発見し併用しています。
同じく貼ってはがせるタイプなのですが、さらに粘着力が弱く
いい感じ・・・・・しかし、万年筆で書けません。滲みます(泣)



「MEMO」とか「CHECK」とか適当にタイトルつけて
シートごとクリアファイルで作った台に貼ってます。

コレ、ほんとに便利なのでおすすめです。

 

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000