『手帳』と『筋トレ』ってやっぱり似てる

ひと月ほど前に書いたpost
アレから...
相変わらずほぼ週に3日のジム通い
通うためにおうち仕事のパターンも変えました
まぁ、割とハマるとハマりやすいので(笑)

そしてやっぱり
『手帳』と『筋トレ』って似てるなぁと
改めて思うのです
『筋トレ』はメニューを組んで、淡々と取組む。一瞬にして変わることはないけれど続けることで目に見えるカタチになって現れる。が、ただ継続すればいいというものでもなく、その時々のジブンにあったメニューを見直していく必要もあったり…そのためにジブンと向き合うことが必要だったり。うーむ。。。似ている気がする手帳は『やりたいことをする時間につくり、かつ暮らしを上手く回していくために』日々の淡々とした作業をこなしたり、ジブンのやりたいことをできるようにプランをたて行動していくみたいな感じ(あくまでもワタクシが最もメインとしている手帳の使い方の1例です) 
目に見えるカタチになるまで
時間のかかることもあるけれど
淡々と続けること
そしてアップデートしていくこと

それにはやはり
注意深くジブンと向き合って
観察する...変化に敏感になる
そして

ジブンで自分を褒める

コレ継続していくうえで
大事だなぁと思います
そう言えば...滋賀でこの話をした時
青木千草さんも同じようなこと言ってて
(彼女はもともとヨガの人だから)
2人で笑ってしまいました。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000