てのひらサイズの革カバー手帳「ochibi」のこと

てのひらサイズの革カバー手帳「ochibi」
をつくるワークショップ
はじめて3年目になりました

このワークショップをはじめてから
ワタクシはいろいろなコトが
変わっていきました。
ものづくりが好きで
別のワークショップをしていたり
製本はいちおう「講師」認定いただいたり
していますが
「ochibi」をつくるワークショップは
別格です。

ワークショップの仕組みがよくできてるって
こともあるのだけれど...
何よりものワタクシが目指す
(本来の意味はちょっと違うんだけど)
『コミュニケーションワークショップ』に
1番近いかたちなので
そして、コレは
このワークショップの生まれたわけ
にも繋がるのですが...
小さなメモ帳を使うことで
書くことが習慣になり
やがて手帳を使うことに
繋がるとよいなと😊

なので、まだまたたくさんの方に
つくっていただきたいのです!

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000