ジブンにとっての「ちょうどよい」は

昨日のポストで

いつも120%は倒れちゃう
100%だって疲れちゃう
60%はちょっともったいない?
だから80%くらい
全てがそうあるワケではないけど
ワタクシにとっては
ジブンの機嫌をとる方法のひとつです。

ってお話をしたのだけど
ジブンのちょうどよいところって
なかなかに見極めがむつかしいなと
今でもホントに?って
思うところがあったりもしますが...
ワタクシは手帳に記録している
もろもろのコトで
(健康・時間・お金はマスト)
だんだんジブン自身というものを
注意深く観察するように
なってきたなぁと思うです。
もともと
健康もお金も時間も
顧みないニンゲンなので
管理をしないとタイヘンなコトに
なってしまうからなわけで...
「ちょうどよいところ」は
その人なりなので
誰も教えてくれないから
ジブンで知ることは
案外大事なことだと思うし
それに役立つのは手帳だと
思うのです



そんなワタクシが監修した
こだわりのずるいノート
ノンブルノートNよろしくね。
ochibiをつくるワークショップ
現在募集中はコチラ

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000