15分という区切りがちょうどよい

15minノートもそうですが
何かをする時に(わりとなんでもかな)
15分という単位がワタクシにとっては
『ちょうどよい』ようです。
日々に振り分けてる家事も
何かしらのモノヅクリの作業も
15分ひと区切り
そこでやめてしまうコトも
(15分しかやらないコト)
仕切り直して続けるコトも
どちらもあるのですが
『ひと区切り』は意識をしています。
(今年はサボってて
これ以降は下描きのみの
マンスリー絵日記も
1回に書く時間は15分にしてたり...)
もちろん集中している時に
ひと区切りつけるのは
逆効果のこともあるので取扱注意ですが
他にやろうと思っていたコト
やらなければならなかったコト
をやらずじまいになるのは
回避できているので
試す価値はあるかなと
15分は短いな...という時は
20分もオススメです☺️

日々の手帳と向き合う時間も
15分は意識していて...
(振り返り以外で)
1冊にそれ以上かかるものは
実用的じゃないなぁと
やることを見直して
細分化したりしています。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000