少し先までをぼんやりと眺める手帳

コチラは
少し先までを
ぼんやりと見つめる手帳
10年ひと区切りだったけど
5年ひと区切りがいいのかな

滋賀のトークイベントでも
お話させてもらったのですが
この10年は『やれる限りのことは
とことんまでやる』としています。
そんな少し先までを
「こんな風に過ごしたいた」
「こんな風に在りたいな」
を書いておいて
ことある事に眺めます。

変わることもあるし
追記することもあるので
ココにある事が全てではなく
日々の淡々とした暮らしの積み重ねが
そんな方向に向かうように
ワタクシの道しるべなのかもしれません...

いい意味でも
悪しき意味でも
ワタクシは何より
『今』をとことん生きたいヒトなので
少し道しるべが必要なのかもしれませんが

『10年後どうありたい』
もよいのですが
『この10年をどうありたい』
と考えるのもよきものかな。



pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000