ワタクシの在りたいジブン。

大事なコト。
ジブンの目で見て、
耳で聞いて、
舌で味わって...
行動して体感する。
すべてに関してできるわけは無いけど。
どんなに評価がよくても、
それはどこかの誰かの話。
アタマから否定はしないけど
アタマから信じない。
そして何よりも、
ヒトのよいがジブンのよいではない。
コレは『手帳』と同じ。
よいと言われている手帳が、
ジブンにとってよいかはわからない。
どんなに売れてる手帳でも、
多数の中のひとつ。
ジブンの在り方
売れなくても
儲からなくても
気持ちのザワザワを引きずるなら
ジブンの在り方を見つめたい。

ワタクシの在りたいジブン。
それを大切にしたい。
このところ 
意識的に関わる範囲を広げてみた。
いろいろな方に出会い、
お話を聞き、
たくさんの刺激を受けた。

そして改めて思うこと
ワタクシの在りたいジブン。
それを大切にしたいなと。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000