向き合い方のひとつ

手帳と向き合うワークショップは
暮らしや生きていくこと(大げさかな?)を
よりよくするために、
手帳を使ってみようよってところを
ご提案できればいいなと思っていて

それはけっしてたいそうなことではなくて、
ジブンの中で
「ココはこんなふうで在りたいな」とか
「ココはこうだったらいいな」に
向き合って、ちょっと手を加えてみる。
そんな事なんだと思っている。

ワタクシは「在りたいジブン」のひとつに
「ジブンらしい装い」ってあるのだけど
デニムが大好きすぎて、
ついついそればかりなっちゃう。
違う服が着たい思って買っていても
ついつい「デニム」に(笑)
ちょうど今
「手帳と向き合うワークショップ2期」の
フォロー期間中で
「こんなふうで在りたいな」に
向かいあってる皆さんから
ワタクシも試しにひとつと
ご要望があったので…
「ジブンらしい装い」と向き合い
手帳にログをキロク中。
ちょっとした事なのだけど、
コレだけで
連日「デニム」にはならないのは
視覚化の効果もあって
意識がそこに向くからかなと。
コレでワタクシのワードローブに
どんな変化が起こるのかも楽しみですが…
イラストも少しは進化するといいな。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000