手帳の下ごしらえ

6時間
コアワーキングスペースのような
シェアオフィスのような
適度な騒音のある中で
じっくり手帳と向き合う時間を
とって来ました。
さすがにココまで時間をとったのは
はじめての事なのですが
(家ではなんだか「ながら」になっちゃうし)
相当、スッキリしました。

この1年は
足の置き場は変えずとも
ほんの少し軸足をかえ
ほんの少し方向をかえ
流れに逆らわず過ごしたこともあり
どこかでホントにじっくりと
1年を反芻したかったのだと思います。
ホントは
あと少し落とし込みたいところなのですが
ジブンが何をしたいのかは
随分ハッキリと見えているので
来年の道すじを眺めながら
今年はココまでにしておこうかなと
思っています。
それにしても
2020ってキリがいいよねぇ
ちょうど10年
何かしてみようかな

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000