2020年の後半

noteってサイトのサークル機能を使って
「手帳ふりかえりの会」っていうのをしていました。

何をしたかといえば...


■なにをする?
ジブンの快適を見つける手帳の使い方をみつけていく。
■活動方針や頻度

日々手帳と向き合う習慣は手帳朝食会(別途開催中)を通して馴染んでいけばよいなと思っていますが、そこからもう一歩踏みだして、より手帳を身近に使っていくコトができるように。ジブンの快適をみつけて暮らしていける相棒として手帳を

■どんな人に来てほしいか

実用的に手帳を活用していきたい人がいいかなぁ。

『ふりかえり』を発信していくコトが主軸となっていく予定なので、ちょっぴりでも発言は必要かなと。

■どのように参加してほしいか

できれば、見ているだけの方はご遠慮くださいませ。


なんて考えて始めたのだけれど
キリよく年末で終了しました。

理由はいくつかあるのですが、ワタクシは「手帳の使い方」を
教えるのに向いてないなって思ったのが一番大きな理由なのかな。
というか、、、ハウツーだけではどうにもならないと思ってるから。

もう少し違う形でできること探してみようかなと
今はそんなこと考えています。

なんか語弊があるので追記すると
ワタクシは「伴走者」でありたいなと。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー×コーチング:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000