ジャーナリングのススメ

このblogでもところどころで登場する
「モーニングノート」を参考にした15minsノートと呼んでいたもの。
紛らわしいので近頃はジャーナリングと素直に言うことにしました。

ジャーナリングは、「書く瞑想」とも呼ばれているもの。
頭に浮かんでいることを決めた時間内にただただ紙に書きだしていきます。
もやもやと頭や心の中がすっきりしないときに、浮かんできた感情や思いなどすべてを
文字として書き出し視覚化することで
「無意識的に感じていること」とか「実は悩んでいたこと」などがあきらかとなり
自己理解を深めることができると考えられているものです。


ワタクシの場合は朝の時間を使って
最長でも15分、最短では5分ほどジャーナリングをしています。
書くものは何でもよいのですが、できれば書くことの邪魔にならない
書き心地のよいペンとノートを使うのがいいかなと思っています。

手前みそな話ですがノンブルノートN最高です☺
https://nouto.co/products/nombrenote/


実のところ、読み返しはする時としない時があります。
ちょっと心が荒れていて、感情をぶつけただけの時などは読み返すことは
あまりありません(後から読んでも心が粗ぶりそうなので)

読み返すときはテーマを設けて書き出したときとかが多いかな。
いずれにせよ、あまりルールは作らずに出し切ることをめざして
書き出してほしいなと思います☺

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

15minsノートでジブンと向き合う時間のコト

以前にノンブルノートNのコラムで
ノートの使い方のひとつとして
モーニングノートのコトを書いたのですが
今でもソレは続いていて
とはいえ本家のメソッドを踏みながらも
あまりにもオリジナルになっているので
「モーニングノート」と名乗るのは気が引け
『15minノート』とか呼んでます☺️
15分間、ひたすらに
アタマの中のコト
ココロの中のコトを
何も考えずに思うままに
つらつらと書きだします
15分たったら終わり!
読み返して反省なんてことはしないのだけど
続けていくうちに
自分の思考のくせ
ココロに引っかかっっていることとか
自然と目についてきちゃうのです

同じようなコトで
いつもぐるぐる回ってたり
同じような単語が並んでたり

あ、ワタクシってこんな人なんだ
ってなかなかにおもしろいです。

誰が見る訳でもないから
ホントにつらつらと
書き出すのがポイントなのだけれど
書き心地のよいノートや
お気に入りの筆記具を使うと
さらに快適

ワタクシが使っているのは
監修させていただいたノンブルノートN
詳細はコチラ(突然のCM笑)

https://www.pocket-notebook.com/posts/6534203

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー×コーチング:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000