続々『手帳的活動』を続けていること

手帳社中を立ち上げて
おかげさまで1年目から
イベントできたりして今に至るのだけど
この3年でもいろんなことがあった
今年のはじめ
実はとある占い(四柱推命)の方に
(毎年年頭に何らかの占いをして頂くのは恒例)
「手帳社中解散」みたいなお話があって
まさか!!って思ったのだけど
割と近しいコトが起こってビックリした
この数年
手帳にまつわるいろいろなことをしてきて
ついつい性格上なのか
役柄を任されると「任務遂行!第一!」
みたいになって
「〜のために」みたいになりがち
もちろん、それはそれで楽しいし
今でも喜んで貰えることが喜び
だったりするのだけど
何かを背負うコトはやめてみた
やめてみると
見えなかったものが見えてきたり
いわゆる「ピン」の活動にも
重きをおくようになって
今までは手帖の会の活動とか
手帳社中の活動としてきたコトを
キチンとジブンの活動と
発信するようにかわって
それがいいのかよろしくないのかは
わからないけど
少なくとも今は恵まれてるなと思う

たくさんの方に応援して頂いてるし
ochibiもおかげさまで愛されてるし
ノンブルノートNにも携われたし
こんな風に書くと
なんとなく流されてここまで来た
みたいな感じだけど
ジブンがどう在りたいかは
いつも手帳に書いて
ことある事に見返してきた

滋賀でもお話したのだけど
「手帳は
どこから来て(何をしてきて)
どこにいて(何をしていて)
どこに行きたいのか(何をしたいのか)」を
教えてくれるツールだと思ってて

だからこそ
「手帳に書くだけて夢は叶う」
とは思わないけど
「手帳に書かないと叶わない」
とも思う

結局はジブンがとう向き合うか
の話なのだけど
ワタクシはそれをお話していきたいなと
これからの手帳的活動では思うのです。

ずいぶんとはしょって書いたけど
いつかもう少し詳しく書きたいな

おわり。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000