ブレストしていて思ったこと。

ワタクシの周りには、
大なり小なりジブンのやりたい事を
やれているヒトが多い、
なので...
手帳はツールとして実用的に使っているヒトが多い。
もちろん、
ガチガチに使うだけでなく
楽しみのための使い方もしてるのだけれど、
趣味は趣味と割り切れている気がする。

そのうえで、
ガチガチに使う手帳にも、
ちょっとしたアソビゴコロは
取り入れても、
それはあくまでもスパイスであって
上手にバランスをとれている気がする。

やりたいことがあると言うと、
「意識が高い」(しかもあまりよくない響き)
とかほそーい目で見てくるヒトがいるけれど
そうではなくて、

ジブンの想いはもっと大事にしてよくて、
それは「何かになる」
ということじゃなくて全然よくて、
「在りたい」という
今のジブンを大切にすることでよい。

いかに満たされるかは、
必ずしも達成感だけじゃなくて、
もしかしたら多数の人は
充実感や満足感を得るほうが、
幸福度があがるのかもな?
なんてことを思う。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000