7ルール。。。

トークイベントするにあたり
ちぐちゃんから聞かれた「7ルール」。
危うく「ない」って言いそうになったけど、
ふと『在りたいジブン』のコト?
手帳を開いてリストを見せて
選んだのが…この7つ。
まだまだあるのだけど。。。
『会ってよかったと思ってもらえる人』
とかも入れたかったし
『小さな幸せに気づく』
とかもいいんだよねぇ(笑)
青木千草さんとワタクシの
コラボのトークイベントに参加して下さると
『最強のコンビ』って言ってくださるけど
ワタクシが等身大で「ブレない」から
なのかなと思う。
CITTA手帳のパーティーでも言ったけど
CITTA手帳はとてもよくできた手帳。
でも、ワタクシにはとっては
「たくさんあるなかのひとつ」
なぜなら
「ひとつの手帳が
すべての人にとってよい手帳
ではないから」

青木千草は(あえての呼び捨て)
ワタクシにとっては『メンター』

『成功者』なのだけど
羨ましいとは思わない

ワタクシの知ってる彼女は
6年前に出会ったままの彼女

年齢の差など関係なくて
魂レベルでリスペクトしてるのは
やっぱりその頃出会ったから。

CITTA手帳は横の繋がりが広くて
その中で回ってるなぁ。。。って
思うことも多々あって
「CITTAワールドだなぁ」って
言うんだけど、
ワタクシがそこに
交わることはあっても
染まることはない。
ワクワクは大事
思い描くことも大事。
青木千草はそれを伝えるのが上手。

ワタクシは等身大を伝える
積み重ねてこそ
繋がっていくものがあると思うから。
そんなワタクシの『等身大』を支えるのが
7ルール。。。本当はもっとある
『在りたいジブン』なのだと思う。
それにしても、
トークイベントはおもしろいけど、
言葉にパワーをのせるので、
めっちゃエネルギー消耗半端じゃない。
また、パワー溜まったらやりたいなと思う。
それまでは…
「在りたいジブンの見つけかた」を
手帳と向き合う時間の中で
お伝えしていきたいなと思うのです。

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000