今思うこと

スケジュール管理やログは
デジタルで代用できたりする部分も
あるのだけれど、
ワタクシは「思考」や「感情」の整理には
「書く」という行為が必要なんだよねぇ。
「視覚化」するってことが
1番の目的ではあるのだけれど、
その行為自体も「整える」ことに
ひと役かっているのだと思う 
基本的に不器用な人間なので
自分自身のコントロールにも労力が必要。
とはいえ感情にのまれ流されると
行き着く先は
自己嫌悪=自己否定に
なってしまうことが多い。
ワタクシにとって快適に生きることは、
先ずは「自分が快適であること」なので
自己理解は欠かせないんだよねぇ。
自分の快適があって、
他者の快適があると思うのが
ワタクシのベース。
なんが楽かって言うと、
基準は「自分」なので
ヒトと比べる必要が無いこと。
自分の満足を追求すればいいからね。 
#手帳と向き合うワークショップ は
そんな自己理解に繋がればいいなって。
その想いが強い。 
ちなみにここまで来るのには
紆余曲折だったし、失敗も多々あったし、
こんな内情的なtweetも
加減がわからず刃のように
投げていたこともあったのだけれど、
自己理解が進むうちに
かわれてきたのだと思うってる。
そしてこの自己理解が
「やりたいことをやれる」にも繋がるよ。 
自分自身がとても時間がかかったし、
困ったし、キツイ思いもしてきた。
近道はないとも思っているのだけれど、
何かのきっかけやフォローできることが
あればいいなと 
#手帳と向き合うワークショップ をはじめた。そしてそれをよりよくするために、
あらためてコーチング を
きちんと学ぶことにした。
今までがあるから
今があって
今があるから
未来がある
よく言われることだけど
でもだからこそ
今のワタクシがある
手帳はそんなことも
ちゃんと教えてくれる

pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー×コーチング:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000