zineについて考える・その2

ひと月半の間に進んだこと。
『時間』
何もしていなかった訳ではなく(たぶん)
このブログに「種」を集めていたり(すこし)
ブログ講座に参加したり(え?)
編集者の方にお会いしたり(別件)
言い訳。。。ですね。
具体的な形に落としこめず
ふんわりとした思いのまま、
温めていたのが実際のところでした。
ところが先日、
書くことを生業とされている方に出会い、
ワタクシの形にしたい内容を見ていただき
諸々のアドバイスを頂戴しました。
『手帳と向き合うワークショップ』にも
参加してくださったこともあり、
ワークショップのためにも『カタチ』
あるものを作るべきと助言くださり、
今後も何かとフォローして下さると。。。


ふんわりとしていた物が、
現実に向けて急に動き出しました。


幸運なことに『本』というカタチにする
お手伝いをして下さるとのことで、
その方面に疎いワタクシとしては
感謝のひと言。ありがたいなぁ。


とはいえ、
自分が動かねばことは進まないので
頑張らねばと(遅)
ブログを見返し『ネタ』を拾い
構成にあては、めあーでもないこーでもないと
しております。

はじめの一歩は、
ワタクシにできる形で
ワタクシらしく作りたいなと。


年内には骨組み作りたいなと思います。
がんばろっと。


pocketnotebook~手帳と向き合う時間

手帳活用プランナー:宮崎じゅん 暮らしを上手にまわし、ご機嫌に生きるツールとしての手帳活用を提案。 『手帳と向き合うワークショップ』 『手帳朝食会』 『手帳社中』『pocketnotebookworkshop』 のイベント情報もコチラから発信中。

0コメント

  • 1000 / 1000